航空会社の独占状態を崩した格安航空会社(LCC)とは一体なんなのか?

いままで大手二社の独占状態だった航空会社ですが、格安航空会社の登場により競争市場になりました。そんな格安航空会社に関する情報を紹介しています。 - 通常の半額以下で乗れる格安航空券とは

通常の半額以下で乗れる格安航空券とは

最近は、羽田空港国際線の就航により、週末にさくっと海外へということも可能になりましたね。金曜日の深夜に羽田空港を出発する便に乗り、月曜日の朝早くに羽田に到着するというプランもあるとのことで、週末を目いっぱい楽しむことができるようになりました。
海外のみならず、週末を利用した1泊2日や三連休を利用した2泊3日の国内旅行もとても人気のプランです。リーマンショック以降は海外よりも国内のプランに人気が集中しているようです。
航空会社といえば、今までは大手二社の独占状態が続いていましたが、いまではLCCと呼ばれる航空会社の登場で、激しい競争市場となっています。
LCCとは「ローコストキャリア」の略で、格安航空会社とも呼ばれています。
もっとお得に旅行に行けるようになる
今まで飛行機は高くてなかなか乗れなかったという人でも、LCCのおかげで通常の値段の半額以下で飛行機に乗れるようになりました。
これは格安航空会社の格安航空券のおかげと言えます。LCCは2000年代に外資系の格安航空会社の参入が始まったことから日本でも広まったとされています。
現在では、国内のLCCも参入し、格安航空券の値段競争を行っている状態です。私たち消費者にとっては選択肢が増えることで旅行先の幅も広がりますよね。
ではなぜ手軽な料金で飛行機に乗ることができるのでしょうか。LCCではいろいろな努力で夢のような料金を実現しているのだそうです。
様々な努力が低価格をつくっています
たとえば、路線の限定です。大空港では利用するためのコストが高くつくため、その分料金にも影響します。その代わりに地方の小さな空港などを利用することで、そのコストを安く抑えることができると言います。
また人件費の削減もそのひとつです。客室乗務員や地上係員の数を減すことで、人件費を削減しています。また乗客が飛行機をおりた後、客室乗務員が航空機内の清掃活動も行うことで、別途清掃員を雇うコストも削減しています。
LCCの路線は、全国すべての空港を網羅しているわけではありませんので、地域によっては利用できる方とできない方といるかもしれません。お近くの空港にLCCが就航しているか確認をしてみてくださいね。ちょっとした違いでかなりの金額が違ってくるかもしれませんよ。
次回からは格安航空券のお得な情報、デメリット、LCCにはどんなものがあるのかなどをご紹介したいと思います。
これらの特徴や魅力を詳しく知ることで、ますます利用したくなるかもしれませんね。

新着情報

◆2014/12/15
LCCと呼ばれる格安航空会社とはの情報を更新しました。
◆2014/12/15
向いている人とはの情報を更新しました。
◆2014/12/15
注意するポイントはこれの情報を更新しました。
◆2014/12/15
入手方法はいくつあるのかの情報を更新しました。
◆2014/12/15
最大の魅力とはの情報を更新しました。