航空会社の独占状態を崩した格安航空会社(LCC)とは一体なんなのか?

いままで大手二社の独占状態だった航空会社ですが、格安航空会社の登場により競争市場になりました。そんな格安航空会社に関する情報を紹介しています。 - 注意するポイントはこれ

注意するポイントはこれ

国内旅行を安くで楽しめる格安航空券はとても人気で、安いチケットはインターネット上であっという間に売り切れてしまうというニュースも耳にしたこともあるかと思います。
安さが魅力とはとてもうれしいことですが、時には気を付けなければならない点もいくつかあります。
ここでは、格安航空券を利用する上で頭に入れておきたい点についてお伝えしたいと思います。
追加料金にご注意を
まず、基本的に、LCCの安さはあらゆるものを削って成り立っているということを念頭に入れていただきたいと思います。
そのため、通常思い描いているサービスはないものだと思っていただいたほうがいいかもしれません。
たとえば、ドリンクサービスです。今までだと無料でソフトドリンクやお水のサービスがありましたが、LCCではこのサービスはありません。
もし、ドリンクをご希望の場合は有料になります。また、事前に購入したものを機内で飲むことになります。
また、手荷物を事前に預けるということも有料となります。
国内旅行だと、あまり大きな荷物は持たないという方にとっては好都合ですが、荷物の多い方は特に注意が必要です。
預けるためにはオプションとして追加料金を支払う必要があります。この場合重さも重要になってきますので、事前にチェックしておくといいですね。
また、座席指定も有料のところがほとんどです。
そのため、団体やお二人で隣同士に座りたいという方は、こちらも事前にオプションで追加料金をお支払いいただく必要があります。
もう一つ上げるとするならば、マイルがたまらないということでしょうか。
マイルがたまっていくのを見るのはとてもわくわくしますよね。マイルがたまったらどうしようかと考えるのもとても楽しい時間だと思います。
しかし、LCCでは安さを売りにしていますので、できるだけサービスはカットしているのが現状です。マイルがたまらない分は安さで勝負しています。
そのためマイルをためることに命を懸けている!というあなたにはあまり向かないかもしれませんね。
以上のことから、とにかく安く目的地に着きたいという人にはぴったりの選択ではないかと思います。

関連記事: