航空会社の独占状態を崩した格安航空会社(LCC)とは一体なんなのか?

いままで大手二社の独占状態だった航空会社ですが、格安航空会社の登場により競争市場になりました。そんな格安航空会社に関する情報を紹介しています。 - LCCの格安航空券ならもっとお安く

LCCの格安航空券ならもっとお安く

飛行機に搭乗する際に気になるのが運賃です。
場所によっては一万円札が何枚も必要になるため、なるべく節約したいところです。
そんな節約したいときに便利なのがLCCです

LCCはどんな航空会社なのか

LCCはローコストキャリアの略となっており、格安航空券を提供しています。
日本には全日空ANA、日本航空JALと言った大手航空会社があり空の旅や出張などでお馴染みとなっています。
LCCにはジェットスターやAIR DO、ピーチ、ソラシドエア、スターフライヤー、バニラエア、スプリングジャパンなど様々な種類があります。
それぞれ機内サービスなどに違いがあるため、好みに応じて選ぶと良いです。
航空券は早めに予約すると割引が受けられることが多いです。
LCCではキャンペーンやセールを実施していることがあり、キャンペーンの上手な活用でお得な搭乗ができます。
ただしキャンペーンやセールには期間があることがあります。
安く済ますには期間中に利用することが必要ですが、元々安いために通年お得となっています。

なぜ航空券が安くなるのか

LCCではローコストと言う名が付いているようにコストカットを行っていると言う特徴があります。
搭乗ブリッジでは無くタラップと言う階段にする、航空機の清掃は業者では無く客室乗務員が行う、航空券の販売はインターネット中心にする、使用料金の安い地方の空港を活用するなどそのコストカット方法は様々です。
このような徹底したコストカットによりLCCでは格安航空券の提供ができるのです。
ただしコストカットのため、無料だった機内サービスを有料に替えている場合があります。
機内食やドリンク、ブランケット、座席指定、預け手荷物など事前にどの機内サービスが有料なのか確認しておいて下さい。
ブランケットが有料のときは持参する、座席指定が有料のときはなるべくしないと言う節約方法があります。

航空券予約サイトを活用して比較

パソコンを触る女性
最近ではインターネット上に航空券予約サイトが開設されています。
航空券予約サイトならあちこちのLCCサイトにアクセスすることなく一つのサイトで比較することが可能、すぐに最安値が分かると言うメリットがあります。
出発地や行先、出発日などを指定し、検索ボタンを押すだけと簡単です。
LCCや座席クラスの指定もできる航空券予約サイトが多くなっています。
往復は勿論のこと、片道でも検索できるために路線を繋いでルートを作りたいと言ったときにも便利です。
気に入った航空券が見つかったらそのまま予約することが可能です。
LCCはキャンセルや変更の手数料が高いことがあるため、予約するときは間違いが無いか良く確認して下さい。
特にパソコンのキーボードでの入力に慣れていない方は注意が必要です。

最後におすすめ点の紹介

航空券の支払はクレジットカードが便利です。
空港へ出発するときはギリギリでは無く、余裕を持たせるのがおすすめです。
航空便遅延費用補償特約付きの旅行保険に加入しておくと万が一遅延したときでも安心です。

関連記事: