航空会社の独占状態を崩した格安航空会社(LCC)とは一体なんなのか?

いままで大手二社の独占状態だった航空会社ですが、格安航空会社の登場により競争市場になりました。そんな格安航空会社に関する情報を紹介しています。 - LCCと呼ばれる格安航空会社とは

LCCと呼ばれる格安航空会社とは

格安航空券と聞いてもあまりピンとこない方もいらっしゃるかもしれません。日本にはどのような格安航空会社が存在するのかも分からないという方もいるでしょう。
今回はおおまかではありますが、国内の格安航空券を取り扱っているには格安航空会社についてご紹介したいと思います。
新しい航空会社が次々と
現在、日本やアジアなどに就航しているLCCと呼ばれる格安航空会社は8つほどあると言われています。その中で、こちらでは3つの会社をご紹介したいと思います。
まずは、ピーチアビエーションです。ニュースなどでも会社名を聞いたことがある方もいるかもしれません。ピンクがイメージカラーの航空会社で、大阪の関西国際空港と沖縄、那覇空港をメインとした路線を主に取り扱っています。
国内線は10路線、国際線は7路線と充実しています。
次にスカイマークエアラインです。こちらの航空会社では北は札幌、南は沖縄まで主要都市に就航しています。スカイマークでは現在のところ国内線のみの就航となっています。
通常LCCでは乗客人数を増やすため、席と席の間隔が狭くなっているのですが、こちらは少し広めのグリーンシートを採用し、通常よりもゆったりと座れる便も出てきているそうですよ。
成田を拠点とした航空会社も
最後はバニラエアです。ANAが100%出資した航空会社で、成田を拠点に、札幌、那覇そして海外では香港や台湾などに就航しています。
国内路線の料金の安さは驚くもので、リゾートに特化した路線となっているようです。
なお、成田空港が発着の基本となっているため、羽田空港は遠いと感じていた人にとってはうれしいかもしれませんね。
今まで羽田まで行かなければならなかったのが、成田空港で済んでしまえば、そこまでの交通費も浮かせることができます。
このように、現在ではさまざまな航空会社があり、いろいろなサービスを行っています。ぜひ、ご自分のプランにあったプランを見つけて、旅行に出かけてみてはいかがですか。
今までとは違った発見ができる旅になるかもしれませんよ。

関連記事: