航空会社の独占状態を崩した格安航空会社(LCC)とは一体なんなのか?

いままで大手二社の独占状態だった航空会社ですが、格安航空会社の登場により競争市場になりました。そんな格安航空会社に関する情報を紹介しています。 - 格安航空券を使って旅行に行こう!失敗しない旅行会社の選び方

格安航空券を使って旅行に行こう!失敗しない旅行会社の選び方

格安航空券を使って旅行を計画している人も多いことでしょう。
しかし旅行会社は山ほどあり、どこの会社を選んだらよいのか分からないと迷ってしまうこともあるかもしれません。
そこで今回はより楽しい旅にするためにも旅行会社を選ぶコツについてまとめてみました。

大手の旅行会社の選び方

大手の旅行会社を利用するメリットは、しっかりとしたサポート体制があるという点が挙げられます。
万が一現地でトラブルがあった際にいつでもつながる緊急連絡先があり、何かと安心感があります。
さらに大手は店舗型の旅行会社が多く、実店舗があることは、やはりこれも安心感が感じられます。
また中小企業の旅行会社と比べると、航空券や宿泊券に加えて、空港で利用できる割引チケットや駐車場などのクーポンなど、最終日程表に一緒と一緒に同封されている資料が多く、旅行に行くという充実感を得ることができるでしょう。
また大手の強みとして専門別のセクションを設けているところがある旅行会社があり、行きたいエリアのエキスパートに相談をしながらプランを立てられるメリットがあります。

中小の旅行会社の選び方

中小の旅行会社はインターネットなどを中心に販売をするところも多く、その分安い料金が魅力的です。
ただやはり知名度の低い会社を利用することは少々不安に感じることも多いものですが、その際はJATA(日本旅行業協会)の会員かどうか企業情報でしっかりとチェックしてみることもおすすめです。
JATAの会員であれば旅行中にトラブルなどが起きたときに、第三者的な立場で協会が解決へのアドバイスをしてくれるので安心感があります。
またインターネットからの申し込みが主流な旅行会社では、返信期日までにきちんとレスポンスがあるか、電話はつながりやすいかなど、料金の安さだけではなくサービス面もきちんと判断することも大切です。
それこそが旅行会社とのトラブルを防ぐ一歩であり、サービス面でもよりよい会社を選ぶ一歩でもあるのです。

安さに飛びつかない!

旅行代金が安いことはとても魅力的ですが、よく旅行条件を見ないで即決してしまうことは避けたいものです。
旅行会社の中には基本の旅行代金を安くして、そのほかフライトやホテルの差額などの追加代金を少し割高に設定して、一見安いけれどトータルは実は高いというようなからくりがある場合もあります。
安いから良心的な会社ではなく、旅行会社に支払う金額は全部でいくらになるのか、料金に朝食代金は含まれているのか、それとも現地払いなのかなど、細かいところまで確認してこそ、よりよい旅行会社に巡り合うコツともいえるでしょう。

慎重に旅行会社を選ぶ!

旅行会社は大手にも中小にもそれぞれのよさがあります。
旅行会社は基本的に問い合わせや相談は無料でできるので、時間に余裕があるのであれば即決はせずに、同じ条件で大手も中小もじっくり探してみるという姿勢もまた大切であるといえるでしょう。

関連記事: