航空会社の独占状態を崩した格安航空会社(LCC)とは一体なんなのか?

いままで大手二社の独占状態だった航空会社ですが、格安航空会社の登場により競争市場になりました。そんな格安航空会社に関する情報を紹介しています。 - ジェットスターの座席クラスやチケットの種類

ジェットスターの座席クラスやチケットの種類

格安ツアーもありますが国内旅行をする場合は一般的に格安航空券を購入して自由に旅行するほうがいいですね。格安航空券と言えばやはりLCC(格安航空会社)です。Low Cost Carrierの略ですが、日本で最初に就航したのがジェットスターです。今回は【ジェットスターの座席クラスやチケットの種類】についてまとめておきましょう。

大きくわけてエコノミークラスとビジネスクラスです。

エコノミークラスには、Starter(スターター)・Starter Plus(スタータープラス)・Starter Max(スターターマックス)の3種類があります。
ビジネスクラスには、Business(ビジネス)とBusiness Max(ビジネスマックス)があります。
大雑把に言いますとチケットの種類はサービスの充実度が違います。

予約するクラスによって機内持ち込み手荷物の数や重さが違います。予約変更の内容も違います。
また路線によってはビジネスクラスがないところもあります。
クラスの予約はネット予約するプロセスで選ぶようになっています。
追加料金や座席の特徴の説明もありますので、確認しながら予約できます。

ジェットスターの予約をしたあとの支払い方法とは?


1番目は「クレジットカード」を利用する方法です。利用できる会社はビザ・マスターカード・ダイナーズ・アメックス・JCBなどです。クレジットカードで支払う場合には500円の手数料が必要です。
500円は1区間ですから往復の場合は1000円になります。そして人数分が必要になりますから、ふたりの往復ですと2000円の手数料となります。
注意したい追加料金のひとつです。

2番目は「コンビニエンスストアやATMでの支払いです。
ローソン・ファミリーマートなどですが、一部利用できないコンビニエンスストアもあります。
銀行はゆうちょ銀行や都市銀行・地方銀行などです。支払手数料は必要になり、こちらの場合は650円です。

いかがでしたでしょうか?

クレジットカードで支払う場合でも手数料がかかるんです。支払い方法については、これ以外にauかんたん決済やペイパルを利用することも可能です。
格安で旅行できると思っても案外と追加料金もかかりますので、旅行する場合はトータルのコストを見る方がいいです。空港までのアクセスのこともあります。
遠い空港の場合は交通費が以外にかかることもあります。

公共交通機関がない時間帯ならばタクシーを利用したり、前泊・後泊が必要だったりします。
ホテルの予約も必要ならば格安ツアーで手配したほうがおトクなことも少なくありません。ジェットスターは安いですが、運賃に加算されるものも多いです。

関連記事: